top of page

【倉庫・物流・製造必見】検品・仕分システムの市場分析と補助金活用

更新日:4月5日


検品・仕分システム

検品・仕分システムは、製造業や物流業界における品質管理と効率化の核心を成す技術です。このシステムは、製品や物品を自動的に検査し、品質基準に基づいて適切なカテゴリーに仕分けるために設計されています。


検品・仕分システム人手不足の解消やコストカットにも繋がり、働き方を根本から改善する可能性を秘めています。


2024年初めにこの検品・仕分システムが対象となる新たな補助金制度が制定されました。

この記事では、そんな検品・仕分けシステムの特徴や市場動向を踏まえ、活用できる補助金制度の案内を記載しています。



中小企業省力化投資補助金

無料カタログ登録サポート


詳しくはこちらから



中小企業省力化投資補助金 省力化製品 カタログ登録



検品・仕分システムの基本情報

 

検品・仕分システム

検品・仕分システムは、バーコードやQRコードを読み取る画像認識技術、重量や形状を測定するセンサー技術、AI技術を組み合わせた装置やソフトウェアを利用して、人の手作業に頼ることなく商品情報を取得し、仕分けを行います。


このプロセスにより、製品の欠陥や異物の有無を検出し、仕分け作業を自動化することで、人的ミスを減少させ、作業効率を向上させます。


特徴


  • 高い効率性: 人手不足解消、作業時間の短縮、生産性向上

  • 高い精度: ミスや誤出荷の削減、品質向上

  • 高い拡張性: システム規模や機能の拡張、ニーズへの柔軟な対応

  • 高い安全性: 労働災害の防止、作業環境の改善

  • 高いデータ分析力: 収集データの分析による業務改善


自動搬送機

メリット


  • 人件費削減: 人手不足解消による人件費削減

  • コスト削減: 作業時間の短縮によるコスト削減

  • 品質向上: ミスや誤出荷の削減による品質向上

  • 顧客満足度向上: 納期厳守による顧客満足度向上

  • データ活用による業務改善: 収集データの分析による業務改善



検品・仕分システム

金額


  • 数百万円~数億円 ※システム規模、機能、メーカーなどによって大きく変動します



検品・仕分システムの市場動向と市場規模

 

市場動向


1. 成長要因

  • EC市場の拡大: BtoB、BtoC双方におけるEC市場の拡大により、物流における検品・仕分作業の需要が急増

  • 人手不足: 少子高齢化による労働人口減少と深刻な人手不足

  • コスト削減: 人件費や作業時間の削減によるコスト削減への企業の強いニーズ

  • 品質向上: ミスや誤出荷の削減による品質向上への意識の高まり

  • データ分析による業務改善: 収集データの分析による業務改善への関心の高まり

  • AIと機械学習の導入: AI技術を活用することで、検品・仕分けプロセスの自動化と精度が向上しています。機械学習を通じてシステムは継続的に改善され、より複雑な仕分けタスクにも対応可能になっています。

2. 技術革新

  • AIの進化: 画像認識、物体検知、深層学習などの技術革新による検品・仕分システムの精度向上

  • IoTの普及: センサー技術、ロボット技術、自動化技術などの発展によるシステムの効率化

  • ビッグデータ分析: 収集データの分析による業務改善、最適化、予測分析の実現

3. 市場参入企業の増加

  • 物流機器メーカー: 従来の物流機器に加え、自動化システムやAI技術を活用した検品・仕分システムの開発・販売

  • IT企業: AI、IoT、ビッグデータ分析などの技術を活用したソリューションの提供

  • スタートアップ: 革新的な技術やサービスを開発する新興企業の参入

4. 導入事例

  • Amazon: 世界中の物流拠点でAI、ロボット技術を活用した高度な検品・仕分システムを導入

  • ユニクロ: 自動倉庫にAI画像認識技術を用いた自動検品システムを導入

  • 楽天: 自社物流センターにIoT、ビッグデータ分析技術を用いた自動仕分システムを導入

5. 地域別動向

  • 北米: 世界最大の市場規模を誇り、EC市場の拡大と技術革新により高い成長率を維持

  • 欧州: 労働力コストの高さや規制緩和の影響を受け、自動化システムの導入が活発

  • アジア: 中国を中心にEC市場が急成長しており、自動化システムへの投資が拡大

  • 日本: 人手不足問題が深刻化しており、政府による補助金制度の支援を受け導入が加速



市場規模

 

検品・仕分けシステムの市場分析


インドの市場調査会社Mordor Intelligenceによると、仕分けシステム市場は2024年に5億29120万米ドルと評価され、2026年には6億8867万米ドルに達し、予測期間(2021~2026年)のCAGRは4.47%で成長すると予測されている。パンデミックは、ターミナルと港湾が世界的な物流パターンの劇的な変化に即座に対応する必要性と、従来の有人操業と比較した自動化ソリューションの堅牢性を実証した。さらに、COVID後の世界では、ターミナルは変化するビジネス環境に適応し、遠隔機能とオペレーションのデジタル化を非常に急速に加速させている。オペレーターは、より標準化され、配備が容易で、設置場所ごとに複製可能なものに進化すると予想されるターミナル・オートメーション・ソリューションの配備をますます進めている。

  • 2024年: 5億29120万米ドル

  • 2026年: 6億8867万米ドル

  • CAGR: 4.47%


検品・仕分システム

今後の展望

  • AI、IoT、ビッグデータ分析などの技術革新により、検品・仕分システムは更なる進化を遂げる

  • システムの高度化、効率化、低価格化により、導入企業は増加

  • クラウドサービスやサブスクリプションモデルの普及により、導入のハードルが低下

  • データ分析による業務改善、最適化、予測分析が重要になる

  • 市場規模は今後も拡大し、競争が激化する



2024年:検品・仕分けシステムが対象の補助金が新たに制定

 

検品・仕分システム

2024年に入り検品・仕分けシステムを対象経費に含める補助金が新たに制定されました。この制度の活用により、これまで以上の販路拡大が期待できるようになりました。


中小企業省力化投資補助金(中小企業省力化投資補助事業)という名称のこの補助金は人手不足に悩む事業者を対象に制定されています。


検品・仕分けシステムにおいては製造業、倉庫業、卸売業、小売業の事業者を対象に購入費用と導入経費(設置作業、運搬費、動作確認費用、マスタ設定等の導入設定費用など)が補助対象経費として認められています。補助額と補助率は以下の表のとおりで、販売単価をそのままで購入費用を約50%補助される内容となっています。よって販売する側にとっては大きなビジネスチャンスとなります。



補助金活用のメリット

  • 導入費用の負担軽減

  • 最新機種の導入促進

  • 導入後のランニングコスト削減

  • 競争力強化

従業員数

補助率

補助上限額 (事業者が大幅な賃上げを行う場合)

5人以下

1/2以下

200万円 (300万円)

6~20人以下

1/2以下

500万円以下 (750万円)

21人以上

1/2以下

1,000万円以下 (1,500万円)

                   補助額と補助率



販売店にとっての補助金活用メリット

 

検品・仕分システム

自動倉庫導入には高額な費用がかかるため、販売店にとって補助金は顧客への提案力強化だけでなく、自社の収益にも大きく影響する重要な要素です。


1. 粗利率向上

補助金によって顧客の導入コストが削減されるため、販売店は従来よりも高い粗利率で自動倉庫を販売することができます。

• 粗利率向上のポイント

  • 補助金分の利益を販売価格に反映

  • システム構築や保守・運用などのサービスと組み合わせる


2. 受注率向上

競合との差別化ポイントとなり、補助金制度を活用できる販売店は受注率向上に繋げることができます。

• 受注率向上のポイント

  • 競合との差別化

  • 顧客への付加価値サービスの提供

  • 補助金制度の積極的な情報発信


3. 市場占有率の向上

補助金制度を活用することで、潜在顧客へのアプローチが可能となり、新規顧客獲得に繋げることができます。

• 市場占有率向上のポイント

  • 補助金対象となる顧客への積極的なアプローチ

  • セミナーや展示会への参加

  • 自社のホームページやSNSでの情報発信


4. 収益拡大

自動倉庫導入に伴い、システム構築や保守・運用などの収益機会も拡大します。

• 収益拡大のポイント

  • 自動倉庫導入に伴うコンサルティングサービス

  • システム構築・保守・運用サービス

  • 周辺機器やソフトウェアの販売


5. 販売店のブランド力向上

補助金制度に精通している販売店は、顧客から信頼を得て、ブランド力向上に繋げることができます。

 ブランド力向上ポイント

  • 顧客への専門的なアドバイス

  • 迅速かつ丁寧な補助金申請手続きの支援

  • 自動倉庫導入に関する豊富な知識


補助金の活用は、販売店の収益向上に大きく貢献します。 粗利率向上、受注率向上、新規顧客獲得、収益拡大、ブランド力向上など、様々なメリットを享受することができます。



中小企業省力化投資補助金を活用する方法

 

販売店(メーカー含む)が中小企業省力化投資補助金を活用するにはこの補助金のルールを理解した上で正しい手順で活用を進めていきます。以下にその概要と詳細の記載と関連記事情報を添付します。

IT導入補助金をご存じの販売店であれば、IT導入補助金の流れを類似しているとお考えください。


中小企業省力化投資補助金の流れ

中小企業省力化投資補助金の流れは以下の通りです。


STEP1 製品審査申請を行う(製造事業者登録申請・省力化製品登録申請)

販売店は指定された工業会に対して製品審査申請を行う。

指定された工業会 

一般社団法人日本物流システム機器協会

工業会mail

工業会電話番号

03-6222-2001

                    工業会情報

STEP2 省力化製品及び製造事業者として承認される

申請された書類は工業会→補助金事務局→有識者委員会→中小企業庁という順に承認がされていきます。その後、工業会から証明書が発行されて正式に製造事業者としての登録申請が可能になります。


STEP3 省力化製品のカタログ登録を行う(カタログ登録申請)

製造事業者として登録が完了した後は、補助金事務局が用意するカタログに製品を登録する。


STEP4製品がホームページで公開される

カタログ登録された製品が正式に公開される。


STEP5 購入希望の事業者と共同で補助金を申請する

カタログを見た購入希望の事業者が販売店に問い合わせを行い、事業者と販売店が共同で補助金を申請する。



検品・仕分システム

参考資料

中小企業省力化投資補助金 (smrj.go.jp)中小企業省力化投資補助金事務局公式ホームページ


補助金の活用支援

 
メディア掲載時の写真

以上から補助金の活用は検品・仕分けシステム分野において大きな販売機会だと言えます。


補助金全般の特性として初めに申請された事業者が有利という特性があります。補助金事務局側も新しい補助金の基準となる事例を見つけたい、補助金の予算が豊富という要素があるからです。


今回、新たに制定された中小企業省力化投資補助金は検品・仕分けシステムがピンポイントに対象経費に含まれています。中小企業省力化投資補助金では今後、検品・仕分けシステムのような製品カテゴリーが300登録され、各カテゴリーごとに100種類の製品が登録される見込みとなっています。


その製品カテゴリーの中でも検品・仕分けシステムにおいては初めの9カテゴリーに選定されていることを踏まえると日本経済にとって重要な製品である国からも認められているということです。


当社では販売店様の支援を開始しています。

類似スキームのIT導入補助金においても各販売店様の書類作成の実績を数百件あり、事業再構築補助金、ものづくり補助金といった難易度が高い補助金を年間170件以上支援している実績もあります。


そのため、補助金を活用したい事業者様、販売店様の双方のアプローチが可能です。


さらに中小企業省力化投資補助金においては関連グループ企業を通じて当社でも製品登録を進めているところです。


この記事をご参照された販売店様で中小企業省力化投資補助金を活用して検品・仕分システムの市場拡大を狙いたいというご要望がございましたら当社までお声掛けください。




中小企業省力化投資補助金

無料相談はこちらから





中小企業省力化投資補助金

無料カタログ登録サポート


人手不足をチャンスに!売上アップ&生産性向上は「省力化投資補助金」で!


省力化対象製品のメーカー・販売事業者の皆様、事前のカタログ登録はお済みですか?

このチャンスを逃すことのないよう、お早めにご相談ください。


詳しくはこちらから



中小企業省力化投資補助金 省力化製品 カタログ登録



参考記事





Komentarai


bottom of page